对外经济贸易大学
 

2019年北京フォーラムで夏文斌学長が発言

2019-12-30 15:17:47


 11月1~2日、夏文斌学長は対外経済貿易大学を代表して2019年北京フォーラム開幕式に出席し、分科会「中国・アフリカ大学科学技術イノベーションと成果の転化」で発言した。

 発言において夏文斌学長は、「対外経済貿易大学では、学際交流や留学生の育成、孔子学院開設、中国とアフリカの“20+20”プロジェクトなどで突出した実績を収めている。我が校はアフリカの提携大学と積極的に交流し、相互に発展している。中国とアフリカの科学技術学術協力を推進し、互恵関係の新たな合作モデルを模索している」と述べた。分科会のテーマに関連して、アンゴラのアゴスティーニョ・ネト大学やケニアのケニア大学や、中国人民大学、北京外国語大学などの幹部も発言し、議論が交わされた。


 
 北京フォーラムは、中国教育部の認可と北京市政府の指導・支持の下、北京大学、北京市教育委員会、韓国高等教育財団の共催による国際学術会議である。2019年北京フォーラムは「文明的調和と共同繁栄」をメインテーマとする。悠久の北京文化を基礎としながら、世界の人文社会科学の研究を推進し、学術的発展と社会的進歩を促進させることで、全人類の発展に貢献することを目指すものである。

「対外経済貿易大学」2019年12月