对外经济贸易大学
 

外語学院、第19期中央委員会第5回全体会議の精神を学ぶ

2020-11-13 11:32:37



 
     外語学院は11月4日、会議を開催した。第19期中央委員会第5回全体会議(5中全会)の精神を組織的に学んだ。学院の党政指導者、党政主任、組織員が会議に参加した。田文泉書記が司会を行うと共に学習に取り組んだ。全ての指導者がそれぞれの分担について発言し、全体を理解する場となった。

 田文泉書記は、「第十三次五カ年計画の期間における重大任務の完成と165項目の重大プロジェクトが行われ、効果を出した。我が国が全面的な小康社会を建設するのはまだ先だが、総合的な国力は新たな段階に飛躍した。これは第十四次五カ年計画と2035年ビジョンの目標を達成するための確固たる基礎となるだろう」と述べた。

 学院長の李運博教授は、「我々は国家発展の重要戦略とチャンス期を十分に把握するべきだ。教材出版と思想政治課程、人材育成などの分野で力を合わせ、十四次五カ年計画期間に飛躍的な進展を遂げよう」と述べた。