对外经济贸易大学
 

「第8回中国ロシア経済系大学連盟年会及び…

2020-12-29 11:12:17



「第8回中国ロシア経済系大学連盟年会及びポストコロナ時代のリモート合作交流」がオンラインで開催
 
 サンクトペテルブルク国立経済大学が主催する「第8回中国ロシア経済系大学連盟年会及びポストコロナ時代のリモート合作交流」が12月16日、オンラインで開催された。

 わが校の夏文斌校長が開催の辞で、中露両国の教育や貿易など多方面から得られた豊富な中露連盟の成果を回顧すると共に、一帯一路構想が中露協力の持続的発展と深化を促進し、複合型のハイレベル人材のニーズを生み出し続けていると指摘した。また、新型コロナウイルスがもたらす新たな変化が教育モデルや革新的な教育方式の改革を促しており、中露の大学はさらに開放的かつ包容力を持って国際協力を深化させ、教育モデルを改革する必要があると述べた。

 本フォーラムでは、内蒙古財経大学の杜金柱校長、広東財経大学の于海峰校長など中国の大学校長や研究者が9名出席。ロシアからは、ロシア国民経済行政学院のマクシム・ニコライエビッチ・ナザロフ副院長、ロシア諸民族友好大学のラリサ・イワノフナ・イェフレモフ副校長などロシアの大学指導者や研究者5名が出席。「ポストコロナ時代のリモート教育協力」をテーマとした素晴らしい講演が行われた。